作ってみるオタノシミ

あちこちのブログで見たのですが
韓国ではエフェリア帆船という個人所有の船も実装されたようです。
帆っていう響きが良いですよね。浪漫ですねえ(*´ω`*)



黒い砂漠をはじめてまもない頃
木を25本も切り出して(当時はすごい数におもえた)
労働者というシステムに面食らいながら作ったイカダ
 


ssを見ると、そのときの感動が思い出されます(*´ω`*)
できあがりの姿も、こうしてみるとすごく凝っていますね!


それから随分たって


合板、○○の塊
と、少し凝った材料をつかう渡し舟。(知識がいる)

調べたり色んな生産者クエをこなしたり
それはもう時間をかけて作ったんですが、
できあがった『渡し舟』はシンプルな手漕ぎボートで衝撃をうけました

辺境の地において、まさかの出番がきてみたりと
愛着が沸いてしまった船でもあります。
(日記 メディアへの船出 からの 行きはヨイヨイ帰りは…



そしてイベントで当てた漁船

快適この上ない・・・んですが
思い出もない(´・ω・`)




以上の経験から
船は自分で作ったほうが楽しいねってことで
エフェリア帆船の準備をはじめてみました(`・ω・´)9

材料は・・・図面20、規格角材800、マツの木合板1500、亜麻布300、鋼鉄600
現時点では規格角材以外の材料はそこそこ取引所にあるようです。


・・・規格角材って何だろう?
『丸太』10で『使える角材』になって、『使える角材』10で『規格角材』・・・(ごくり)
丸太は1回につき0~2本しか取れないから・・・


(ぶるぶる・・・)


この途方もない感覚は久しぶり。
間違いなく良い体験になりそうです( ̄ロ ̄lll)






(後日追記)

はじめたばかり(レベル53)でも
最新コンテンツを楽しめるってすごいよね(*´ω`*)