保管箱を借りに。

現在、活動の中心は
フローリン村、ブリの木遺跡、北部小麦農場。

しかしこのあたりには倉庫も取引所もなく
あっという間に重量オーバー!( ̄ロ ̄lll)


カルフェオン倉庫番から保管箱(貢献度10で交換してもらえる家具。出張倉庫にできる)
を借りてくる事にしました。



首都カルフェオンに足を踏み入れます!!
(齢49 プレイ2ヶ月半)

地図の雲が晴れ、一部しか見えなかった都市が全部みえるように。




www
これはアカンね!
これ、今までのペースでやると一ヶ月カルフェオンやね!


カルフェオンはとにかく大きい、という情報を色々なところで見てきたんで
ある程度予想して行ったんです、よ!
なんだこれ!!w(ほめ言葉)


カルフェオン倉庫だけ行く予定でしたが
見慣れない種族をみつけて
つい話しかけてしまいました。



トロル、だそうです。
ジャイアントよりも大きな種族がいるんですねえ!
すごく温和な感じの種族です(*´ω`*)



レンジャ「ハンサムなトロルは初めてかい?って言われたで!
     実際どうなんやろなw」
ジャイ友「え。そんなこと言われなかったよ」








(追記)
カルフェオンは倉庫番ではなく、銀行頭取でした。
頭取の大御所感がたまりませんねえ!ヾ(*゚Д゚*)ノ゙