天井の四角い穴


天井にあいた四角い穴を見上げて
ゆるゆるとその状況を理解しはじめました。


『もう、戻れないんだ』






数分前のわたしは、
床にぽっかりとあいた四角い穴の前にいて





赤戦の開始を待っていました。



赤戦(=赤の戦場)というと、ソロで参加できる団体戦っていうイメージ。
すんごいツワモノ達がぶつかり合ってそうです。

赤戦の公式ガイド⇒http://service.pmang.jp/blackdesert/game_guides/1768

まず縁のなさそうなコンテンツだったのですが、
ギルド単位で会場に参加できる機能(??)を使っての ←よくわかんない
『ギルドで赤戦』という機会が訪れたので
これ幸いと参加してみました(`・ω・´)ゞ






・・・で、話は元に戻って
四角い穴を前に『その時』を待っていました。






開戦と同時に階段が現れ
戦いの心に火をつける、赤戦の音楽が高らかに鳴り響くその時を。








たぎる心を抑えられず、開始を待たず次々穴に飛び込む先輩方。
ああもう、ほんと対人が好きなんだねえ(*´ω`*)フフ























この穴、





飛び込むものでしたΣ( ̄ロ ̄lll)

音楽もないんだね・・・!?




ずるずると壁を降りて天井を見上げると
遠く高いところに先ほどの四角い穴。



『ああ、そうか。戻れないんだ』
ゆるゆると覚えるのは絶望感に近い感情。




(追記)
赤戦ってあまりにも自分の領域外だったので
みるもの感じる事すべて目新しくって
見上げる部分だけで1日分の日記になってしまったΣ( ̄ロ ̄lll)